酸素カプセル導入事例:rollingbase(東京都)

お仕事お疲れ様です。
KMCの酸素カプセルOXYRIUM MEDICALを導入いただきましたお客様の紹介です。
東京都にございます、rollingbase様です(*^-^*)

お店の紹介と地域性やお客様層について

50年の歴史を持つ蓑原ローリング療法を用いた店舗「rollingbase」を2015年9月に東京南阿佐ヶ谷にオープン致しました。
コンセプトはアスリートの為のシェアハウス。自身が現役市民ランナーであることからお客様の7割がランナーであり、市民ランナーの憧れであるサブスリーランナー(フルマラソンを3時間以内で走ること)やトレイルランの国内最高峰大会であるUTMF(富士山の山麓161kmレース)フィニッシャーなどの数多くの市民トップクラスのアスリートにいらして頂いております。
ローリング療法とは、専用のローリング機器を使って身体の奥深くにできたしこりや鬱血にアプローチすることで筋肉や関節の動きに働きかける施術法です。rollingbaseではトレーニング期のケアやレース前後など状況に応じた施術でベストコンディションを追求していきたいと考えております。

お店にとっての酸素カプセルの魅力とは?

酸素カプセル単体での利用も効果がありますが、ローリングとセットにすることにより相乗効果があるように思います。
筋肉の張りが強いアスリートには施術前に1.6気圧を約1時間入ってもらい、筋肉を緩めた状態でローリングすると表層の筋肉を緩めなくてもダイレクトに中層に入っていける感覚です。
また一般の方は施術後に眠気が襲う方も多いので、1.3気圧でリラックスして入って仮眠していただくと、スッキリとした状態でお帰りいただけます。
酸素カプセルに入るタイミングや気圧と時間調整で、個別のニーズに対応したコンディション調整をできることが魅力です。

当社サイト記事掲載

OXYRIUM MEDICAL導入事例:rollingbase(東京都)

コメントは利用できません。

お問い合わせはこちら

ContactUS